稲刈りをしました

「実るほどこうべをたるる稲穂かな」・・・立派な人ほど謙虚な姿勢であれということを稲穂に見立てていることわざがあります。

「熊手」には必要不可欠な部品として稲穂があります。弊社の熊手には、五穀豊穣を願い、常に謙虚であれという意味も含め、豊かに実りこうべを垂れる、きれいな稲穂をお付けしています。毎年10月は、大きく実った稲を刈る時期です。今年も好天の本日、豊かに育った稲を刈り入れました。

500坪の稲刈りもなんのその。でも待ち遠しいお昼の時間です今年も立派に育ちました

刈った稲を集めて、束ねるひたすらその作業です
綺麗に実りました
刈り取った後は干して乾燥させます












0 件のコメント:

コメントを投稿